CONNECTION 2018.09.26

染色作家 仙波 憲知

CULTURE DESIGN

“ひとつのツールとしてその場所に僕がいれたらいい”

- 仙波さんの生い立ちは??
サイン広告の勉強をしたくて、芸大の「グラフィック課」に進学希望。 しかし、第二志望のテキスタイルデザイン科に合格。 その当時の教授の昔の仕事が暖簾屋さん。 教授の影響もあり、暖簾でもサイン広告のような表現ができることがわかり、暖簾屋の道へ行くことに決めた。 資金作りのために、新聞の折り込み配送センターでアルバイト。 28歳の時に開業。

- 暖簾の楽しさは??
暖簾の楽しさは染料の楽しさ 信頼できる道具で 縫製から染める作業をすべて手作業でこなします。 出来上がった暖簾は日光に強く、摩擦に強い暖簾になります。

“目的のある人のツールなれたらいい”

- 今後のビジョンは??
人のおもいに応えること。 人の夢に協力できること。 遊びではなく、目的のある人の「ツール」になれたらいい。 今持ってるビジョンを全部大きく広げていくことを継続してやっていきたい。

染色作家 仙波 憲知

1998年 大阪芸術大学「工芸学科テキスタイルデザインコース」/卒業

2000年 大阪芸術大学「芸術専攻科」/修了

1999年 第74回 大阪府工芸美術展 /造幣局長賞受賞

1999年 第85回 光風会展(東京都美術館)入選/京都新聞社賞受賞

2000年 第75回 大阪府工芸美術展/入選

2001年 第47回 全関西美術展(大阪市立美術館)/入選

2001年 第12回 明日へのかたち展(京都文化博物館)/入選

2002年 第88回 光風会展/光風奨励賞受賞

2003年 第89回 光風会展/京都新聞社賞受賞

2004年 第90回 記念光風会展/光風奨励賞受賞

光風会会友推拳/以後毎年無鑑査出陣

2002年 染色工房尚憲 共同設立

2010年 染色工房尚憲 解散

2010年 染工房 仙波 設立

NPO法人河内木綿藍染保存会 会員

博物館学芸員

 

染工房 仙波

〒581-0002

大阪府八尾市東久宝寺2-1-6

℡072-921-4455

semba@zeus.eonet.ne.jp